So-net無料ブログ作成

ジャック・フィニイとイルマーレに見る「君の名は。」の源流 [タイトル:カ行]

スポンサードリンク




もうそろそろ、新海誠『君の名は。』もネタバレ考察が許される頃合いだが、これほど語られつくされた作品について直接考察することもないだろう。

今日は予告編などでも中心素材とされた「時空を超えた入れ替わり」をテーマに、『君の名は。』の物語構造の源流について考えていきたい。



タイムマシンを用いない、つまりそこに科学的論拠を必要としない時空超越は、過去からも様々なパターンが考案されてきた。

僕の知る最も古い例は、1959年にジャック・フィニイによって書かれた短編「愛の手紙」だと思う。

早川書房から出ている短編集『ゲイルズバーグの春を愛す』に収録されている。



ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)
ジャック・フィニイ
早川書房
売り上げランキング: 102,137







ニューヨークで一人暮らしのジェイク・ベルクナップは、ある日骨董品屋で見つけた古いデスクを購入する。

隠し抽斗を発見した彼はその中に古い便せん、封筒、インク、そして一通の手紙を発見するが、それはヘレン・ウォーリィという若い女性が書いたラブレター。

意にそわぬ結婚を強いられようとしているヘレンが、心の中の理想の男性にあてたものだったのだ。



彼女は救いと慰めを求めていた。

ジェイクはアルコールの勢いも借りて、思いつきで彼女に返事の手紙を書く。

デスクから発見した古い便せんと封筒、インクで手紙を書き、彼女が生きた当時に発行された切手を貼って、古くからある郵便局のポストに投函した。



後日デスクの別の隠し抽斗を開けると、そこにヘレンから自分宛の手紙があるではないか!

彼女からの手紙には未だ見ぬジェイクへの想いが綴られていた。

時を超えて届いたヘレンの手紙にジェイクは返信を書き、自分が80年後の人間であることを告げる。 当時の切手の残りはあと一枚。

そしてジェイクが返事を受け取れる隠し抽斗は残り一つしかないのだ。



一週間後、ジェイクは最後の抽斗を開ける。

そこには手紙ではなく一枚の写真があった。

優しく微笑むヘレンの下には「永遠の思い出のために」と記されていた。

ジェイクが長い探索の末、彼女の墓を探し当てると、墓碑銘にはあの言葉があった。

「永遠の思い出のために」



なんて切ないんだ!

「時間」という、人間には絶対に遡れない障壁が絶対化した悲恋の切なさよ。

いい話ですよね。

これ本国アメリカでは『The Love Letter』のタイトルで、テレビ映画化されているそうです。

観てみたいなあ。



あ、我が国にも中山美穂の奇跡の演技が光る、岩井俊二『ラブレター』という大傑作映画がありましたね。





で、時を経て、この絶対性を覆す、往復書簡ものの同テーマ作品が登場する。

2000年に韓国映画として発表され、2006年ハリウッドリメイクとなった『イルマーレ』だ。

僕はキアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック版で観た。



イルマーレ [DVD]
イルマーレ [DVD]
posted with amazlet at 17.02.03
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 3,162









韓国のオリジナル版では海辺の家が舞台なので、タイトルがイタリア語で海を表す「イル・マーレ」だが、ハリウッド版では舞台がミシガン湖岸になっており、原題も『THE LAKE HOUSE』になっている。

邦題も「レイク・ハウス」にすればよかったと思うが、まあミシガン湖は大きすぎて海にしか見えないという話もある。



2006年、シカゴの病院で働くことになった女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、湖岸に建つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことになり、愛着あるその家に次に住むことになる住人へのメッセージを郵便受けに残す。



しかしその手紙は、2004年、高名な建築家である自分の父親が建てた湖岸の家に引っ越してきたアレックス(キアヌ・リーブス)が受け取ることになる。

手紙に書かれていた注意事項は、どれもその後起こることであったためまだ該当する現象は無く、不思議に思っていたずら心から返事を同じ郵便受けに残すことにした。



その後、仕事に行き詰まり気分転換にレイク・ハウスに訪れたケイトは、新しい住人が入ったかどうか知るために郵便受けをあけて、自分宛ての返事を発見するのである。

こうして不思議な時を越えての往復書簡が始まり、『愛の手紙』と同じように二人は恋に落ちる。



ふと2年前に駅で忘れ物をしたことを思い出したケイトは、それをアレックスに取りに行ってもらうことを思いつく。

忘れ物はジェイン・オースティン最後の小説でもある『説得』

首尾よく列車出発直後に駅のベンチで本を発見したアレックスは、窓越しにケイトの顔を見る。



説得 (ちくま文庫)
説得 (ちくま文庫)
posted with amazlet at 17.02.03
ジェイン オースティン
筑摩書房
売り上げランキング: 86,134

この「説得」という小説の存在が、後にすれ違いで終わりそうになる恋を救ってくれる重要な小道具となるのだった。



その後、二人が時間差で飼うジャックというメス犬の計らいで、パーティで出くわしたりして、二人の運命は交錯していくが、最大の偶然は、アレックスが事故に遭って亡くなる瞬間に、まだアレックスのことを知らないケイトが救命治療をして看取っていたというものだ。



徐々に判明していく事実を郵便受けタイムマシーンで回避していくところがこの映画のクライマックス。

最後は最高のハッピーエンドになります。

これはこれでいい!



で、この『イルマーレ』の物語構造をファンタジー世界で再構築したのが『君の名は。』だと言えるでしょう。

手紙ではなく、直接精神が入れ替わる方法を採れたのは、先達に『転校生』があったればこそ。



転校生 [DVD]
転校生 [DVD]
posted with amazlet at 17.02.03
バップ (2001-04-21)
売り上げランキング: 1,365



どんな作品も、先行作品から有形無形の影響を受けているものだ。

そこを探っていくのも映画を観る面白さのひとつだと思う。


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました