So-net無料ブログ作成

やはり京アニはすごかった:『小林さんちのメイドラゴン』 [タイトル:カ行]

スポンサードリンク




いやもう、これだけは声を大にして言いたい。
『小林さんちのメイドラゴン』は大傑作なんですよ!!
さすが京アニだなあ。
地力が違う。


小林さんちのメイドラゴン 1 [Blu-ray]

小林さんちのメイドラゴン 1 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



やっぱりアニメってのは「漫画が動いている」っていう基本が大事なんだと思うんです。
平面で動きを出そうと、デフォルメした動きを、本当に動かすんだからそれ自体がデフォルメされてなきゃならない。
そこで難しいのが「奥行き」の扱いで、3DCG にはデータとしてリアルな奥行きが織り込まれちゃってるから、平面芸術の漫画では奥行きの存在そのものがデフォルメなんだってことを理解してなきゃならない。
今本数の増えてきたセルルックにはこれがデキてない作品が多すぎます。
っていうか、だからもう観てないです。

そこに『小林さんちのメイドラゴン』ですよ。
もう完璧なんだなあ。動きが。

キャラもいい。
最近異界転生ものにヲタクネタをかぶせるのが一般的になりすぎて少々食傷気味だったんですが、コミケネタうまく使ってるんだよなー。
これは原作のお手柄でしょうね。

構成も完璧で、日常ギャグの体裁を取っていながら、親と子、つまり人間にとっての成長とは何か、というテーマを全体にうまく忍び込ませてて、それを突然シリアスにぶち込んで怒涛のラストに…ってネタバレいかんいかん。

京アニよくやった。
『たまこ』と『無彩限』のことは忘れてやる。

このところ古典化必至の名作がなかなか出てこなかったのですが、久しぶりの手応え。
これはマジで必見ですよ。

抱き枕カバー 小林さんちのメイドラゴン カンナカムイ
バンプレスト
売り上げランキング: 529,749




スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました