So-net無料ブログ作成

『終末のイゼッタ』はなぜ「魔法少女」ではなく、「魔女」の物語なのか [タイトル:サ行]

『終末のイゼッタ』をイッキ見。
『幼女戦記』と同様に、架空世界でありながら第二次大戦あたりのヨーロッパを想起させる場面設定になっています。
現在、世界で起きているきな臭い出来事の殆どが、あの時代の諍いの燃え残りから今も消えない煙であることを考えると、バトルものアニメの舞台として現代の脚本家が選びたくなる時代であるというのもよくわかりますね。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。