So-net無料ブログ作成
検索選択
タイトル:カ行 ブログトップ

『この素晴らしい世界に祝福を』:そしてこの生きにくい世界には寛容を [タイトル:カ行]

『この素晴らしい世界に祝福を』というやつをさっきまで観てたのですが、キャラ設定が個人的にツボで、ラストまで一気に完走できました。

異世界もの、というジャンルの一作。
このところラノベで量産され、アニメ化も多いです。
先行作品にはけっこうなパターンがあるんですが、近年の異世界ものはだいたい、現実社会ではうまくいかずヒキコモリになってしまったゲームオタクが、なぜか異世界に転生して、無駄に肥大したゲームスキルを活かすか、チート的な異能力を授かって、おお、ここに自分の本来の生の充実があったのかというパターンのものが多いようです。


続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「キルラキル」がぼくたちに問いかけているものは [タイトル:カ行]

2014年放映のアニメ「キルラキル」ですが、ガイナックスで「天元突破グレンラガン」作った人たちがスピンアウトして作ったという前情報どおりの作品イメージでした。







キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray


続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「キャプテン・ハーロック」:贖罪の意味 [タイトル:カ行]

松本零士の「宇宙海賊キャプテンハーロック」をフルCGアニメーションで映画化すると聞いて、まあ、正直に言えば「今更?」と思った。

しかし、「亡国のイージス」の福井晴敏が脚色・脚本を担当していることがわかって少し期待して観た。



そしてそれは期待通り、ハーロック世界の真の主役である大山トチローの「夢」を基軸にしていて、実にわかっている感じの新脚本なのだった。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「ギルティクラウン」:民主主義の王はポピュリズムという名のクラウンを戴く [タイトル:カ行]

テレビアニメ「ギルティクラウン」(GUILTY CROWN)は、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠で2011年10月13日から2012年3月22日まで放送されたオリジナルアニメ作品である。

20120124181504295.jpg
ギルティクラウン。
直訳すれば、罪深き王冠ということになるだろうか。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ジャック・フィニイとイルマーレに見る「君の名は。」の源流 [タイトル:カ行]

もうそろそろ、新海誠『君の名は。』もネタバレ考察が許される頃合いだが、これほど語られつくされた作品について直接考察することもないだろう。

今日は予告編などでも中心素材とされた「時空を超えた入れ替わり」をテーマに、『君の名は。』の物語構造の源流について考えていきたい。



タイムマシンを用いない、つまりそこに科学的論拠を必要としない時空超越は、過去からも様々なパターンが考案されてきた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「君の名は。」:泣けない私小説こそ究極の私小説なのだ [タイトル:カ行]

新海誠監督の映画『君の名は。』が大ヒットしている。






デビュー作から追いかけてきた監督のブレイクは嬉しい半面、戸惑いもあって劇場に足を運ぶのが遅れた。

やっと観た『君の名は。』は期待通りのものではなかったが、素晴らしいクオリティだったと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

新海誠「言の葉の庭」のセンシティブな雨のカタチ [タイトル:カ行]




新海誠監督の作品をはじめて観たのは、2002年の「ほしのこえ」という短い作品だった。

たった一人で作ったという25分のデジタル・アニメーションに何度も見入ってしまった。


中学生の時、学校の図書館で亀井勝一郎の「青春論」を読んだ時に感じた焦燥感のようなものや、「風の谷のナウシカ」を観た時に問われた、生まれた意味みたいなものや、「耳をすませば」での、何者かになれるのかという問い。そんなものが、緻密に作りこまれた作画の端々から零れ落ちていた。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
タイトル:カ行 ブログトップ